仮性近視

視力回復治療.com

仮性近視について説明しています

視力回復口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

仮性近視

仮性近視

仮性近視とは、近くを長い時間見ることによって、毛様体筋が緊張し、今度は遠くを見る時にピントが合わない状態です。一時的に近視と同様の状態になり、視力が落ちてしまいます。視力が回復しやすいとされる仮性近視ですが、緊張の状態があまり長く続いてしまうと、だんだんと治りにくくなってしまいます。

眼は近くのものを見るときは水晶体を調節する筋肉の部分が緊張し、水晶体を膨らませて屈折力を高めます。ところが長い間近くを見続けていると、水晶体を調節する筋肉が緊張した状態で、水晶体も膨らんだままで元に戻らなくなってしまします。
例えば、体の一部をある方向へ固定していたとします。その固定していた時間が長ければ長いほど、もとの感覚を取り戻すのに時間がかかるのと同じで、仮性近視も早ければ早いほど視力が回復しやすいのです。

仮性近視をそのままにしておくと、眼がそのメカニズムに順応してしまい、真性の近視になってしまうので注意しなければなりません。仮性近視は、早期の状態であれば一般的に点眼薬で毛様体筋の緊張を解く方法がとられるようです。ただし、目に悪い状態をなるべく避けるような日常生活での努力、読書の姿勢をよくするやテレビを見る時間を短くし、離れて見るなどにも気をつけることも必要になります。


お気に入り登録

便利な検索サイト

視力回復人気商品

瞳のトラブルに「ゼアキゴールド・アイ」

ブルーベリーだけでは物足りない人にはオススメです

ご家庭でできる、視力回復/近視予防トレーニングキット 「眼育ingBOX」

小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)

Copyright 2007-2010 視力回復治療.com All Rights Reserved.