老眼

視力回復治療.com

老眼について解説しています

視力回復口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

老眼

老眼

遠くは見えるのに、近くの物が見えにくいという症状から、老眼も遠視の一部と考えている方が多いのですが、老眼は水晶体のピントを合わせる調整能力が老化によって衰えているために起こるもので、実は遠視とは別の症状になります。
老眼は加齢とともに水晶体の弾力性が弱まり,近い所を見るとき毛様体筋が緊張しても,十分な調 節力がでなくなった状態をいいます。

老眼が進行してくると、だんだんと手元が見えにくくなり,近くを見ると目が疲れたり,本を読むとき目から離したり,うす暗い所や夜は見えにくくなったり,細かい文字がはっきりしないなどの症状を起こしてきます。老視は中年以後になると誰にでも起こってくる生理的現象で,病気ではありません。近視の人はもともとのピントが手元にあるために裸眼では老眼を自覚しにくく、遠視の人は比較的若い年齢から、老眼の症状を訴えることが多くなります。

老眼によって近くが見えにくくなっている状態を放置していると、肩こりや頭痛といった症状が出てくることがあるので、きちんと矯正をすることが重要です。老眼の矯正にはメガネを使用しますが、眼に合ったレンズを選ぶことが大切で、強すぎないものにして下さい。メガネの矯正度が強すぎると、老眼はどんどん進行してしまうからです。


お気に入り登録

便利な検索サイト

視力回復人気商品

瞳のトラブルに「ゼアキゴールド・アイ」

ブルーベリーだけでは物足りない人にはオススメです

ご家庭でできる、視力回復/近視予防トレーニングキット 「眼育ingBOX」

小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)

Copyright 2007-2010 視力回復治療.com All Rights Reserved.