レーシック手術を受けるには検査が必要

視力回復治療.com

レーシック手術を受けるときには事前に検査をする必要があります。どのような検査をするのか、わかりやすく説明しています。この検査結果によってレーシック手術ができるかどうかの判断をします。

視力回復口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

レーシック

レーシック手術を受けるには検査が必要

視力回復手術の代表として挙げられるのが、レーシックです。まずは、視力回復手術に適応しているかどうかを調べる検査を行います。角膜の形状や厚さ、屈折率、眼圧、そのほかさまざまな眼に関することを調べます。


検査そのものは単純で、緊張する必要はありません。もう少し具体的な視力回復手術前の検査の内容として、瞳孔を開いたり、レーザー照射を行ったりします。少し不安に思われるかもしれませんが、痛みは一切感じません。眩しいと思うくらいの検査です。


瞳孔を点眼薬によって拡大させ、通常見えにくい目の奥に異常がないかをみる眼底検査を実施します。 乱視・近視の度数のチェック。角膜の湾曲度を測るために、眼に光を照射します。眼圧と緑内障の有無を確認するために、眼に空気が吹き出す機械を使います。


角膜や水晶体自体も、細隙灯顕微鏡検査による強い光を当て、正常かどうか見ます。同時に視力回復手術後に起きるグレア現象と関係する、瞳孔径の測定も行います。角膜の厚さを測るのは重要です。結果によって、レーシックができるかどうかがわかります。これは、パキメーターという機器を使用します。


レーシックをするためには、手術前の検査は必要となります。視力検査の延長線上にあると思えばいいような、気軽なものです。レーシックのために通常の視力検査と違う測定機器を使用するだけだと考えていただければいいでしょう。


お気に入り登録

便利な検索サイト

視力回復人気商品

瞳のトラブルに「ゼアキゴールド・アイ」

ブルーベリーだけでは物足りない人にはオススメです

ご家庭でできる、視力回復/近視予防トレーニングキット 「眼育ingBOX」

小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)

Copyright 2007-2010 視力回復治療.com All Rights Reserved.