視力回復の重要性

視力回復治療.com

目のメカニズムや視力回復の方法について説明しています

視力回復口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

視力回復の重要性

視力回復の重要性

遠くを見ると目によいとは、昔からよくいわれて来たことです。我々の日常生活ではテレビを見たり携 帯電話の画面を見たりなど近くを見る機会が圧倒的に多くなってしまっています。この環境的な問題が、近視になる原因のひとつと考えられています。 目は近くのものを見るときは毛様体筋が緊張し、水晶体を膨らませて屈折力を高めます。ところが長い間近くを見続けていると、毛様体筋が緊張したまま、水晶体も膨らんだままの状態で元に戻らなくなってしまいます。

近くを見続けることは、水晶体の厚みが増したままの時間を多く過ごすことになり、目にとっても負担がかかった状態が長く続くという事です。それに比べ遠くをみるということは、目はピントを合わせる必要がなく、目もリラックスしている状態です。遠くを見るときには、なるべく遠くの一点をみる習慣を持つとよいとされています。1日1回短時間でもよいので、遠くを見る習慣をぜひ身につけましょう。

視力回復させる方法の代表例は、視力を補強するために眼鏡やコンタクトを使用すること。また、視力そのものの回復法としては、目の治療・手術等を施す医学的な方法。そういった医学的な方法以外にも、視力を回復させるトレーニングを試みる、視力回復に効果的というサプリメントや食物を摂るといった方法などがあります。

視力回復のために、日常的にできるちょっとした方法があります。視力回復の本によく載っていますが、両手をこすって熱くなったら目に当てて、眼球を左右に10回、上下に10回、左回りに10回、右回りに10回動かすことです。手をこすりあわせることで、手の中央部分にいわゆる「気」が生じ、その気の力が視力回復に効果的とされています。


お気に入り登録

便利な検索サイト

視力回復人気商品

瞳のトラブルに「ゼアキゴールド・アイ」

ブルーベリーだけでは物足りない人にはオススメです

ご家庭でできる、視力回復/近視予防トレーニングキット 「眼育ingBOX」

小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)

Copyright 2007-2010 視力回復治療.com All Rights Reserved.