遠視

視力回復治療.com

遠視について解説しています

視力回復口コミ

スポンサードリンク

ブログパーツ

  • seo

遠視

遠視

遠視とは,眼の調節機能が働いていないとき,眼に入った平行線が網膜よりも後方に像を結ぶ屈折状 態をいいます。遠視であると、遠くからきた光線が網膜上では点にならずに、ぼけた円をつくります。 遠視が軽度のうちであれば、遠くはよくみえますが、中度以上の遠視になると、遠くのものも ぼけてしまうようになります。また、年をとると、調節力が低下して、さらに遠くも近くも見づらくなってしまいます。

遠視では,近い所を見るときも遠い所を見るときもピント調節が必要で,常に毛様体筋を緊張させる必要があるため,視力障害(特に近見)や眼精疲労を起こしやすく,内斜視の原因となることもあります。 遠視の人は近視の人より圧倒的に少なく、しかも遠くがはっきり見えるため、なかなか気づきにくい こともあり、本人の知らないうちに症状が進んでしまうことが少なくありません。

子どもでは遠視が強いと弱視の原因にもなることもあり、落ち着きや根気がなかったり,あきっぼかったり本が嫌いだという症状も現われやすくなります。こういった場合は裸眼視力がよくてもメガネをかける必要があります。一般に遠視は裸眼視力がよいことが多いため、学校検診での遠見視力(5m)の視力検査だけでは発見できないことが多くあります。子どもは視力が低下したという意識が薄いので、回りの大人が気付いてあげることが必要です。


お気に入り登録

便利な検索サイト

視力回復人気商品

瞳のトラブルに「ゼアキゴールド・アイ」

ブルーベリーだけでは物足りない人にはオススメです

ご家庭でできる、視力回復/近視予防トレーニングキット 「眼育ingBOX」

小学生の視力回復なら、自宅でできる眼育(めいく)

Copyright 2007-2010 視力回復治療.com All Rights Reserved.